ウーマン

青魚の成分で中性脂肪を下げる方法とは|サプリメントが有効です

便秘解消の為に

栄養補助食品

ドラッグストアでは様々なタイプの便秘薬が販売されていますが、人気が高いのは服用すると30分ほどで効果のある即効性の高い便秘薬です。市販されている便秘薬には、大きくわけて3つほどのタイプに分かれており、効果に差があります。

もっと読む

満足度が高い酵素ドリンク

飲料

置き換えダイエットは無理なく続けられるダイエット方法として注目されています。置き換えダイエットはシンプルなダイエット方法であり、長続きしやすくなっています。置き換えダイエットでは酵素ドリンクを用いますが、中でもベルタ酵素は利用者満足度が高い酵素ドリンクとして有名です。

もっと読む

自分では気が付きにくい

メジャーを持つ人

肥満の人は数値に注意

中性脂肪とは体を動かすエネルギーの源となる物質です。血液検査を行うとトリグリセリド(TG)という言葉や記号であらわされています。食物からの脂質は体内の生命維持活動に使われます。中性脂肪は使われなかった余剰分の脂質であり、後に皮下脂肪などになります。中性脂肪が高いと健康被害があるのは事実ですが、ある一定の数値があることで内臓を脂質で守ったり、人間の体温維持に働きます。しかし、過剰な中性脂肪が蓄えられることは、様々な障害の元になります。血液中の中性脂肪が多くなると血管内壁が傷つき、動脈硬化になりやすくなります。動脈硬化から脳梗塞や脳出血、心筋梗塞、腎不全、糖尿病などを引き起こすことがあるので、注意しなければなりません。

食事や運動などを見直す

中性脂肪がどのくらい増えているのかは、血液検査を行わなければ自分で気が付くことはない症状です。一般的に肥満体形の人は中性脂肪値が高い傾向にあります。定期的な健康診断でコレステロール値や中性脂肪値をチェックすることは健康維持にとって大切なことです。高カロリー食、高脂質な食事を見直し、バランスのよい食事を心がけましょう。適度な運動を行い、ダイエットをして肥満解消をすることも大切です。喫煙や飲酒は控えるようにすることも大切です。中性脂肪値を下げる効果がある食べ物に青魚があります。青魚にはDHAやEPAという成分が含まれており、数値を下げる効果があります。DHAやEPAはサプリメントでもとることが可能です。

体内に欠かせない成分

清涼飲料水と野菜

酵素は体内に吸収された栄養素と化学反応を起こして、傷の修復や老廃物の除去に役立ちます。腸内環境を正常にできる作用もあるために、便秘の解消や美肌にも良いとされています。アレルギー体質や花粉症の人は多量に摂取しないように、注意しておいたほうが良いです。

もっと読む